お気に入りに追加

サイト内URLチェック 1.3.0.8

スポンサードリンク

サイト内(ホームページ内)の全てのURLを取得しリンク切れ等をチェックするツールです。

サイト内URLチェック
ソフト種類: Shareware
日付追加: 2011-03-06
対応OS: Windows7/XP/2000
ファイルサイズ: 429KB
ソフト作者: のんさん

対応言語

サイト内URLチェック 1.3.0.8】の開発者説明

Advertisement
本プログラムはサイト内(ホームページ内)の全てのURL を取得しリンク切れ等をチェックするツールです。
  サイトの指定にはインターネットのURL(例:http://xxx/xxx/index.html)とローカルディスクのURL(例:c:
  \xxx\xxx\index.html)を指定する事が出来ます。リンク切れチェックと同時に取得したWEBページ をローカ
  ルディスク保存する事が可能です。また、sitemap.html、sitemap.xml、ror.xmlの作成が出来ます。

  (注意)
  (1)未サポートのHTMLタグ(SCRIPT等)がありますのでご利用の環境での十分な評価をお願いします。
  (2)過去のバージョンではSEO(検索エンジン最適化)として、ページランク表示、検索エンジン(Google、
   Yahoo、MSN) のインデックス状況表示、検索順位表示機能がありましたが、Ver1.2.0.0でツールバーの
   [SEOツール]ボタンを無効にしています。

2.インストール方法/アンインストール方法
  本プログラムはインストール操作が必要ありません。本プログラム一式(ZIPファイル)を解凍後、SiteUrlCh
  eck.exe を実行するだけでするだけでご使用頂けます。アンインストール操作も必要ありませんので、本プ
  ログラム一式を削除して頂くだけで完了です。

  (注意)
  Microsoft .NET Framework Version 2.0以上がインストールされている必要があります。(既にインストー
  ル済の可能性大)インストールされていない場合は(Microsoft .NET Framework Version2.0 ダウンロード)
  でネット検索してインストールしてください。

3.ご使用方法
 3.1.サイト内URLチェック
 (1)URL取得方法
   「URL」を入力し「URL取得」ボタンをクリックすると以下のメニューが表示されます。
   ・新 規 (URL取得)
    (説明)指定したサイト内のURLを新規取得します。
   ・再取得 (中止/エラーURLの再取得)
    現在表示中のURL中で前回取得出来なかったURLを再取得します。
   ・新 規 + 保存 (URL取得 + WEBページ保存)
    指定したサイト内のURLを新規取得します。その際にWEBページをローカルディスクに保存します。
   ・再取得 + 保存 (中止/エラーURLの再取得 + WEBページ保存)
    現在表示中のURL中で前回取得出来なかったURLを再取得します。その際にWEBページ をローカルディス
    クに保存します。
    ※リンクが正常の場合はStatusに(○)、リンク切れの場合は(×)を表示します。
 (2)中止方法
   URL取得やSEOツールには時間が掛かる事があります。途中で中止したい場合は「中止」ボタンをク
   リックします。
 (3)ファイル操作機能
   「ファイル」ボタンをクリックすると以下のメニューが表示されます。
   ・ファイル読込 表示リスト
    保存済みの表示リストを読み込みます。
   ・ファイル保存 表示リスト
    表示中のリストをファイル保存します。
   ・ファイル作成 sitemap.html
    sitemap.html形式 のファイルを保存します。サイトマップWEBページとして使用出来ます。
   ・ファイル作成 sitemap.xml
    sitemap.xml形式 のファイルを保存します。検索エンジンへのサイトマップ報告に使用出来ます。
   ・ファイル作成 ror.xml
    ror.xml形式 のファイルを保存します。検索エンジンへのサイトマップ報告に使用出来ます。
(4)環境設定項目
「環境設定」ボタンをクリックすると「環境設定」画面が表示されます。
   ・URL解析するContent-Type(画面イメージ)
    ファイル内部のURL を検索する際のタグ名と属性名を設定する画面です。ここで設定されているタグ名
    と属性のみURL解析処理 を行います。
   ・URL解析するContent-Type(画面イメージ)
    ファイル内部のURLを検索するContent-Type の一部を設定する画面です。ここで設定されているConten
    t-Type のみ内部URL解析処理を行います。
   ・内部リンク用Content-Type(画面イメージ)
    内部リンクとして分類するURLのContent-Type の一部を設定する画面です。ここで設定されているCont
    ent-TypeはSiteMap生成、Index検索が可能です。
   ・CGI判定方法(画面イメージ)
    CGI を判定するためのファイル拡張子等を設定する画面です。この設定はURL解析、SiteMap生成、イン
    デックス検索時の対象ファイル決定に使用されます。
   ・対象外File/Folder((画面イメージ)
    URL取得処理 対象外のファイルやフォルダを指定する画面です。ここで設定されているファイルやフォ
    ルダのURL取得はしません。
   ・その他の設定((画面イメージ)
    <プロキシサーバー>
     プロキシサーバーを使用する場合はプロキシサーバー名(IP)とポート番号を指定します。
    <URL解析する階層数>
     指定したトップページのURL を階層番号1とし、そこにリンクされているURL を階層番号2と数えた
     場合の階層数を指定します。
    <URLを省略した時のファイル名>
     WEBサーバーのデフォルトインデックスを指定します。
     (例)index.html,index.htm,default.htm等
    <URL取得処理間隔(秒)>
     1回のURL取得を行なった後のスリープ時間(CPUを解放する時間)を指定します。大きな値を指定する
     と通常作業のバックグラウンドで密かにURL取得処理を行なう事が出来ます。
    <URL取得同時処理数>
     1回のURL取得で同時に処理するURL数を指定します。
     「URL取得処理間隔(秒)」と合わせて処理速度に影響します。
    <WEB受信タイムアウト時間(秒)>
     WEBページ受信時 のタイムアウト時間を指定します。小さい値を指定すると「タイムアウトエラー」
     が多く発生します。大きな値を指定すると処理速度が遅くなります。
    <検索エンジン情報受信間隔(秒)>
     1回の検索エンジン情報取得を行なった後のスリープ時間(CPUを解放する秒数:1以上)を指定し
     ます。
     (注意)検索エンジンへの負荷を考慮し出来るだけ大きな値を設定してください。
    <検索エンジンからの情報受信時に確認メッセージを表示するかどうか>
     1回の検索エンジン情報取得を行なった後に次の情報を取得するかどうかを確認するメッセージを表
     示するかどうかを指定します。
(5)ポップアップメニュー
    URL一覧表示上でマウスの右ボタンをクリックすると以下のメニューが表示されます。
    ・WEBページ表示
     ブラウザを起動し、指定行のWEBページを表示します。
    ・ページランク取得(Ver1.2.0.0からは無効にしました)
     指定行のページランクを取得します。
注意事項
  インターネットの状況や検索エンジンの状況(仕様変更含む)により期待した結果が得られない可能性があり
  ます。高速に連続して検索エンジン情報取得(SEOツール) を行ないますと検索エンジンからエラーが返され
  情報が取得出来なくなる可能性があります。

プログラム関連 サイト内URLチェック

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com